学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 花の洪水

<<   作成日時 : 2017/04/01 12:36   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は冷たい雨の降る寒の戻りだが、先日の休みは暖かい陽気に恵まれ、我が家の温室も花の洪水だった。最初がエビサボテンの小型種、明石丸白花変種のシャーピー(Echinocereus pulchellus var.sharpii)だ。ピンクがあっての白だが、今年の1番花はとても奇麗だった。次は鳥羽玉の新種、超小型種のアルベルト・ボイテフィー(Lophophora alberto-bojtechii)だ。蕾は半年も前から見えていたが、全然動かず、ようやく1番花の開花だ。小さいだけで余り特徴のない花なので、少しがっかりしてしまったが、今後どのように育って行くか楽しみな植物だ。刺物の綾波(Homalocephala texensis)も咲いて来た。最初が長刺の剣峯で、花も大柄のようだ。次はピンク刺の綾波という触れ込みで来た種だったが、別に特別のものではなかった。次はテロカクタスで細い柱状に群生するハスティフェル(Thelocactus hastifer)、3輪が満開の状態で、真上から撮っている。これも丈夫で花着き、繁殖も旺盛で良いサボテンだ。次はこれまでも紹介したが、余りにも奇麗なので何度でも紹介する。最初がレブチア・ホフマニー(Rebutia foffmannii)、オレンジ花が最高に美しい。となりはテロの長久丸(Thelocactus tulensis)。そしてネオポルテリア・チレンシス(Neoporteria chilensis)のピンクの基本種とクリーム花の変種アルビディフローラ(var.albidiflora)。ピンクの群開はギムノの交配種で赤羅星x緋花玉(Gymnocalicium bruchii xG.baldianum)。最後は植え替えが済んで水やりを始めた棚の風景。春爛漫でしょ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
花の洪水 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる