学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ハリミノウゼンと球根ベゴニア

<<   作成日時 : 2017/05/14 19:13   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

1号温室の裏の棚でハリミノウゼン(Clytostoma callistegioides)が満開になった。南米原産のノウゼンカズラ科ツル植物には美花種が多いが、育て易さ、耐寒性、花着きの良さで本種に勝る種はないだろう。カエンカズラも花着きの良い種だが、耐寒性という点では、ハリミノウゼンの方が上だ。ただ本種は一斉に咲いて一斉に終わるので、花期が短いのが欠点か。満開の今日は見事なものだった。これはブラジル原産。続いてはその温室内の球根ベゴニア。昨年10月1日に催芽開始した百数十株が6ヶ月であらかた終わり、今度は2月から3月にかけて催芽した株が咲き揃って見頃を迎えた。今年は最初の催芽株が多かったので、スペースがなく、2番手の育苗が遅れ、入れ替えに苦労したが、ようやく見られるようになってきた。これから2ヶ月、梅雨明けまでは安泰だろう。やはり若い株は元気一杯で見た目も良い。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハリミノウゼンと球根ベゴニア 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる