学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS テラピアの池の周辺で

<<   作成日時 : 2017/08/01 19:46   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

バナナ温室を出た所にあるテラピアの養殖池。魚だけでは色気がないのでスタッフの山下君が木を飾り、ビカクシダを付けたりブロメリアを飾ったりしてカラフルにしてある。当然水草の代表ハス(Nelumbo nucifera)も植えてあるのだが、これが小型で実に花着きの良い品種なのだ、元はホームセンターでの売れ残りを栽培温室担当の薗田君が貰って来て育てていたのだが、それをこの池の飾りに使ったのだ。丁度尺鉢位の壺や瓶で3鉢程育てているのだが、1シーズンで1鉢5〜6本は咲くのだ。我が家の株は1鉢1本しか咲かないのでえらい違いだ。おかげでこの池はハスの時期は華やかでいい。ちなみに品種名はまだ確認出来ていない。その横の水槽では水生のカンナ・インディカ(Canna indica)が大きくなって咲き始めた。これも水が無ければ50cm位で咲くのだが、水槽に入れておくと2mにもなる。その横ではこぼれ種で大きく成ったショウガ科のヘディキウム・コクシネウム(Hedychium coccineum,)が満開だ。とにかく丈夫で、園内各所で大きくなり、タカサゴユリ同様持て余し気味の植物だ。同様に園内の土手ではカノコユリ(Lilium speciosum)が今満開だ。これも以前はなかった植物で、土手のユリと言えばヤマユリだったのが、その昔、薗田君が分園駐車場の縁に数球植えたのが元で、園内に広く野生化してしまったのだ。例年は草刈で刈られる事が多いのだが、今年はうまく生き延びて奇麗に咲いている。カンナは熱帯アメリカ、ヘディキウムは東南アジアmそしてカノコユリは日本原産だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
テラピアの池の周辺で 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる