学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスマスですよ

<<   作成日時 : 2017/11/25 09:10   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

ハロウィンが終わってカボチャを片付けたと思ったら,早くもクリスマスの飾りだ。殺風景な分園入り口もリースを飾っただけで一気に華やかになる。リースのセンターには三つ子のパンダがいて可愛らしいこと。我々は年末恒例のペンキ塗りで毎日忙しいが、世は連休モードで結構お客様も多く有り難いことだ。次はティランジアのストリクタ(Tillandsia stricta)だ。売店に蕾着き苗が大量に入荷し、これからはストリクタの独壇場だが、ティランジア温室でもちょうど花が咲いてきた。株が小さくて花序も小振りで物足りないが、今年の天候不順がこんな所にも影響しているのだろうか。棚下に吊ったトレーに入れてあるストリクタにも結構傷みが出た。光線不足が原因かも知れない。ちなみにストリクタは南米ブラジルの原産でパラグアイにも分布している。入口にはネリネのマンセリー(Nerine mansellii)に加え、片山さんの交配品種パール(N.hybrid 'Pearl')も飾られている。淡いピンクで地味な花だが、栽培温室の株はみんな丈夫な本種に置き換わってしまったようだ。ネリネはヒガンバナ科で南アフリカが原産地だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
T.ストリクタ、拙宅でも蕾らしきものが見えています。
100円ショップで購入してから2回目の開花です。
ティランジアは栽培経験が浅くて拙宅での最適方法を模索中なこともあり、花付きが良いと聞いているストリクタですら、開花するとやたらに嬉しいです^^
YoYo
2017/11/26 11:34
YoYoさん、お上手ですね。2回咲かすということは少なくとも4年間は丹精しているということですから、熱心さが伝わってきます。これからも頑張って下さい。
学芸員
2017/11/26 19:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリスマスですよ 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる