学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 白い多肉が絶好調

<<   作成日時 : 2018/01/29 10:10   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

研究室窓辺の白い多肉植物の数々が見頃を迎え、部屋で仕事をしていても、とても楽しい。あと2ヶ月以上生育期が続くので、これからは混み合って来て、潅水の度に鉢のローテションが必要になり、最終的には1〜2鉢抜くことも必要だろう。それ位生育が良いということだ。今年うまく行ったのはエケベリア・ラウーイ(Echeveria laui)で、昨年夏も水を切らずに管理したことで継続的に成長し、今直径15cm位になって見事だ。その交配種のラウリンゼ(E.hybrid'Lau-Lindsayi')も直径18cmで端正に育っている。ダドレヤ仙女盃(Dudleya brittonii)の2代目も今年はやけに生育が良く、今直径20cm。昨年自宅から持ち込んだ同期の実生も元気になって,今直径15cmになって良い株になってきた。その親株はもう実生22年だが、直径27cm。6号の半鉢に植えてあるが、この環境ではこの大きさが限界で30cmには届かないようだ。最後はセダムとしては特異なセダム・スアベオレンス(Sedum suaveolens)。私が初めて本種をアメリカサボテン多肉協会の会報表紙で見た時は鋳金の芸術品みたいで信じられない思いだった。その後,故平尾博氏に苗をプレゼントされ、窓辺に飾って28年目だ。非常に花着きのよい種で良い香りなのだが、この窓辺では光線不足で一切花を着けてくれないのが残念だ。直径12cmで、本種は最大でもこの程度。これらは全てベンケイソウ科の多肉植物でメキシコ原産。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
白い多肉が絶好調 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる