学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS アルスロセレウス2タイプ

<<   作成日時 : 2018/05/31 19:40   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

先に紹介にた夜咲きサボテンのアルスロセレウス(Arthrocereus rondonianus)、翌日は2株で計7輪も咲いて見事だった。ただ面白かったのは群開している4本立ちは、夜中が見頃で満開になり、朝には閉じかけていたが、もう1株は朝方の方が弁が反転して咲ききっている印象だった。それにこの株の花は外弁が緑っぽくて、大部印象が違う。やはり1株よりは何株も作り較べる方が良いと言うことだろう。ブラジル原産。次は我が家のサルノシッポ(Hildewintera colademononis)、天井から吊り下げるようにして2mも引っ張り回しているが、よく育つものだ。これはボリビア。次はこれも朝方咲いていたマツカナ・マジソニオルム(Matucana madisoniorum)の白花。我が家では基本種の朱色花より白花株の方が多く、こうなると基本種が恋しくなる。これはペルー。次がギムノカリキウム・ブエネッケリー(Gymnocalycium buenekeri)。リビングに飾っておいたのだが、余りに大きく立派に咲いたので、その大きさを強調して撮影してみた。多分ギムノでは最大輪ではと思う。見事な大きさだ。これはギムノにはめずらしくブラジル原産。最後は昨日の画像で、太平丸(Echinocactus horizonthalonius)2タイプ。刺よし、姿よし、花良しのサボテンの代表だろうが、キリンウチワ接ぎで簡単に開花株をつくれるようになって、我が家も太平丸はうんと増えた。2つ目の株は直径16cmもある。勿論、メキシコ原産。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルスロセレウス2タイプ 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる