学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャカランダとブーゲンビレア

<<   作成日時 : 2018/06/10 18:18   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

本園山のジャカランダ(Jacaranda mimosifolia)とフェンスのブーゲンビレアが見頃を迎えた。晴れていると色が飛んでしまうので、曇っている朝方撮りに行って来たが、なかなか思うようには撮れない。ジャカランダはあと1週間位で満開になるのかも知れないが、とにかく遠くて高い場所なので、蕾の量も確認出来ない。ただもう見頃なのは事実だ。ブラジル原産でノウゼンカズラ科の大型花木。また駅の方から見るとワニ園フェンスのブーゲンビレア・グラブラ変種サンデリアーナ(Bougainvillea glabra var.sanderiana)が正に満開で、寸分の隙もないくらいにびっしりと咲いている。ワニ園のエレベーター棟の白い壁、緑のマスコットマーク、紫のジャカランダ、そしてこの華やかなブーゲンビレアということで、景観としては今がベストだろう。これはオシロイバナ科だが同様にブラジル原産。ブーゲンの次は植物園入り口で咲いているイソマツ科のルリマツリ(Plumbago auriculata)と、クマツヅラ科のランタナ(Lantana camara)だ。このランタナとても奇麗で良いのだが、本園の源泉の裏の土手では本種が野生化し、段々手に負えなくなってきている。接地した枝でも発根は用意だし、種もビッシリ穫れるので、実生苗も生じる。管理が追いつかない本園ではどちらかと言うともう害草に近い存在だ。ルリマツリは南アフリカ、ランタナは熱帯アメリカの原産だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャカランダとブーゲンビレア 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる