夜の王女の季節

夜の女王(Selenicereus macdonaldiae)の開花期が過ぎ、1ヶ月で夜の王女(S.pteranthus)の出番となる。我が家の王女様は、昨年株を更新したので、尺鉢2つでも花は10輪位しか咲きそうもない。そのうち4輪が昨晩咲いた。蕾が東南の方、要するに温室の外向きについたため、写真が撮りづらくご覧のような結果に。花は女王様よりはるかに小さいが、バニラのような甘い香りは本種の方がはるかに上等だ。これらはメキシコから熱帯アメリカに広く分布する。同じく夜咲きのペニオセレウス・ストリアータス(Peniocereus striatus)も昨晩1輪だけ咲いた。写真の方が奇麗に写っている感じで、実際は直径7cm位の小さな花だ。本種は盛期になると30輪位咲くかも知れない。私は40年も昔、カリフォルニア半島の先端部で本種の結実株を見たことがある。夜咲きではなく、咲きっぱなしなのがボリビア原産、サルノシッポことヒルデウインテラ・コラデモノニス(Hildewintera colademononis)で今年2度目の開花ピークだ。花着きが良くて、繰り返し何度も咲いてくれるので、サボテン愛好家にとってはとても嬉しい存在だ。昨夏接いだ繁殖株もみんな蕾を着けており、殖やしていても楽しい存在だ。次の2枚は昼咲きだが、余り写真を紹介していないので、ついでに掲載する。2つともメキシコ産だ。最初はテロカクタスの白刺玉(Thelocactus leucacanthus)。金鯱(Echinocactus grusonii)やロフォフォラ・ディフーサ(Lophophora diffusa)の自生地の近くで見られる植物で、地味だが、花は美しい。次はチュルビニカルプス・クラインジアヌスの変種でミニマス(Turbinicarpus krainzianus var.minimus)だ。マッチの頭程度の株が群生して滅多に花を付けないが、先日珍しく開花した。花の直径は5mmくらいしかない。亡くなった平尾さんは小型のサボテンが好きで、これも氏にいただいたものだが、盛んにネオテニー(幼形成熟)と口にしていたのが懐かしい。ただネオテニーとはウーパールーパーなど動物で使われる用語で、余り植物では使わないようだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年06月27日 19:53
植物のネオテニーと言うと、子葉がそのまま大きくなっていくストレプトカーパスの一葉種や奇想天外がそうなのかもしれませんね。
2014年06月28日 23:04
平尾さんは、チュルビニカルプスやペディオカクタスの実生苗の姿のまま成熟していくタイプを言っていましたね。そう言えば奇想天外、今日一番花が咲いたようです。思っていたより遅れました。株が大きくなりすぎて持て余し気味ですが、動かすこともできません。

この記事へのトラックバック