ソテツとカメムシ

先日、カメムシにソテツ(Cycas revoluta)の新葉の軸の汁を吸われるとその先が枯れてしまうと書いたが、ようやく写真を撮ったので紹介する。駐車場から土手を見上げた画像、接写などだ。とにかくあっけないほど簡単に枯れてしまい、しかも翌年の今頃まで再生することはないのだから、1年間みすぼらしい姿をさらすことになる。何とも情け無い話だ。その横で咲いていた、ソテツの雄花(雄球果)、2花並んで咲いているタイワンソテツ(Cycas taitungensis)の雄球果、大きくなってきた、レピドザミア・ペロフスキアナ(Lepidozamia peroffskyana)の雄花も紹介する。タイワンソテツは普通日本のソテツより早く咲くのだが、今年は春先葉が先に出たため花が遅れたようだ。レピドザミアはオーストラリア南部の原産で耐寒性があり、園内各所に植えてある。これは今日ザミア科に含まれ、ソテツ属のソテツ科とは区別される。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

有賀
2014年07月31日 21:38
こんばんは、いつも読まさせて頂いております。私はサボテンの他ソテツも好きで何本か栽培してるんですが、そのなかで、塊根ソテツエリオプスが6年ぶりに葉っぱが出てきてびっくりしています。枯れていないので様子見てました。ソテツて不思議ですね。
2014年08月01日 01:17
有賀様
いつも見ていて下さるとか。ありがとうございます。
多肉愛好者はソテツ類を多肉として扱うため、水が辛くなり、それがソテツをこじらす結果になっています。私の管理するソテツの実生苗は20年生でも日に2回は潅水し、根を乾かさないようにしています。だからオニソテツ類でも尺鉢まで持って行くのは簡単です。
有賀です
2014年08月01日 11:56
アドバイスありがとうございます。
これからも栽培頑張ります。4年前頂いた、ロウザンタ梅雨前と昨日開花してました。まだ子供が小さいですが、再来年あたり是非バナナワニ園に伺いたいです。
2014年08月01日 18:29
あー、あの方ですか。縁ですね-。また遊びに来て下さい。

この記事へのトラックバック