球根ベゴニアの鉢上げ

10月2日に催芽を開始した球根ベゴニア(Begonia x tuberhybrida)、順調に発芽してこれまでに100球程を鉢上げし棚に並べた。棚上げすると電照を開始するのが恒例で、今年も11月早々に電照開始。大体夕方の4時半から8時で設定してある。5号鉢を使うため、結構培養土も必要で、この季節は土作りだ鉢上げだとせわしない。棚上げすれば大体1ヶ月で咲き始め、丸3ヶ月の正月には半数以上が咲き揃う計算だ。また鉢上げするたびに、他の植物を移動したり、処分したりするため、この温室は飾りには不向きで、本当に生産温室みたいになってしまう。写真を見ればその雰囲気がわかるだろう。今見頃なのはイワタバコ科、アルゼンチン原産、赤い花のグロキシニア・ネマタントデス(Gloxinia nematanthodes)で、紫花が美しいユーコドニア・アデル(Eucodonia 'Adele')はそろそろピークが過ぎたようだ。なお10月13日に植え替えて潅水したヒガンバナ科でペルー原産のパラモンガイア(Paramongaia weberbauerii)の球根は、その後水を与えず様子を見ていたが、1ヶ月近く経ってやっと何球かに新芽の兆しが見えてきた。葉が数㎝伸びてきたら棚上げし、本格的に潅水を始め生育を促す事になるが、それまではじっと我慢なのだ。その上の棚ではティランジア・ストリクタ(Tillandsia stricta)が咲き始めた。クリスマスの定番商品だが、今年はやけに早く咲き始めた.。また先日はティランジア・ハリシー(T.harrisii)が満開で、あっちでもこっちでも咲いていて、こんなにあったのかと驚く程だった。ストリクタはブラジル、ハリシーはガテマラの産だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック