ティランジアの交配種など

分園1号温室でティランジアの交配種が2つ咲いている。1つはティランジア・イオナンタとセレリアナの交配種(Tillandsia ionantha x T.seleriana)で、セレリアナの血が入ればもっと大きく成ってもと思うが、イオナンタを一回り大きくした程度で私には物足りない。もう1つはストレプトフィラ(T.streptophylla)とブラキカウロス(T.brachycaulos)の交配種のエリック・ノブロック(T.'Eric Knobloch')だ。こちらは両種の長所を併せ持った良種で、開花時には株全体が赤っぽく色付き、ブラキカウロスの特徴を引き継いでいる。大きさはストレプトフィラに似て大柄だ。生育旺盛で繁殖も良く、温室に1株は欲しい植物だろう。次はボリビア原産のロッテアエ(T.lotteae)だ。まだ咲いていないが、珍しい植物だけに久し振りの花は嬉しいものだ。次のカラフルな株は先に紹介したトックリアナアスの小型変種ベンラシー(Aechmea recurvata var.benrathii)だ。エクメア属でブラジル原産。以前は大きな群生株が沢山あったのだが、本園のブロメリア温室の飾りに持っていったため、今はこれ1株しかない。それでもたちまち群生して大きくなる。左端の株の蕾がもうすぐ開きそうだ。次はティランジアの棚に置いてある南アフリカ原産のメセン、グロッティフィルム・スアベ(Glottiphyllum suave)だ。グロッティフィルムはメセンの中では丈夫で育て易い植物で、だからここでも、この仲間だけが残って他は枯れてしまった。もともとは長野の多肉栽培の名人中村氏に実生苗をいただいたものだ。秋口からぼつぼつとこの黄色の大きな花を咲かせてくれるので、嬉しい存在だ。年々株が大きくなるので、花数も多くなった。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック