学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄色い春見つけた

<<   作成日時 : 2015/02/25 09:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

今朝、牡丹のベッドの前を歩いていたら黄色い小さな花を見つけた。ハリエニシダ(Ulex europaeus)の黄色い花だ。このハリエニシダ、もともとはブラジルの山崎さんが種を送ってくれたもので、当初はブラジル産だと思って調べがつかなかった。何かの拍子にヨーロッパ原産と分かり、ニュージーランドなどでは外来の害草として扱われているのも知った。全株を覆う刺が痛くて、牧場などに1度はびこると手に負えないらしい。当園の株は、私が本園担当で留守をしている間に弱って枯れてしまったのだが、ここ数年小さな実生苗を幾つか見かけていた。その1本が大きくなって最初の花を着けたのだ。私は絶やしてしまった植物が、生き残り回復してくれた事が何よりうれしかった。この辺りは私しか管理しなかったため、小さな実生苗が雑草と間違えられて抜かれることもなかったのだ。大きくなれば刺が痛くて持て余す木ではあるが、その鮮やかな黄色の花と蜜の甘い香りは、春を告げる代表的な花木と言ってもいいだろう。次は鳥舎の前の花壇で、パンジーの背景で咲き始めた小型スイセンのテータ・ティート(Narcissus 'Tete-a-Tete')だ。これも春1番に咲くスイセンの代表品種。丈夫で良く殖え、園芸センターでも花着きを良く見かける普及品種だ。これを見ると、もう春だな−という気になれる。3つ目は芝生の縁、ナンテンの横でひっそりと咲くモクセイ科のオウバイ(Jasminum nudiflorum)だ。小さな花がほんの数輪だが、それでも黄色い花は良く目立ち自己主張している。枯れ草色の背景だからこそ、黄色がはっとする程鮮やかに見えるのだ。逆に、散々話題になった黄色いツバキの交配種、初黄(Cammellia nitidissima hybrid 'Shoko')と黄調(C.nitidissima hybrid 'Kicho')はうすいクリーム色の花でちっとも目立たない。いかに話題性があっても一般のお客さんが気付いて注目してくれないようでは失格だ。専門家は無い色を求めたがるが、それは一般の園芸愛好家の好みに由来するのではなく、専門家の自己満足のために作られるような面が多いため市場では浮いてしまうのだ。ハイビスカスと言えば赤だし、コチョウランと言えば白でしょう。茶色い花のハイビスカスは珍しいし、ごてごてした台湾産のコチョウランも珍しいけど日本向きではないだろう。日本人はツバキにはツバキのイメージ、カトレアにはカトレアのイメージがあって、そのイメージからうんと離れた花には拒否感を示すのだ。熱帯果樹でもパパイヤは黄肉品種が売れ、赤肉は人気がないという。私には赤肉が美味しいというイメージがあるのだが、市場では評価されないようだ。で、黄色いツバキに戻るが、下から3枚目が初黄、他の2枚が黄調だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
マンゴーでも、日本ではアーウィンが高級品としてもてはやされていますが、より大きくなるキーツの方が美味のようですね。まだ食べたことはないですが。ただ、熟しても緑なのと、大きな果物が伝統的にもてはやされる日本とはいえ、少々大きすぎるのが普及しない理由でしょうか。
へそ曲がりな性質なので、人が見向きもしないようなものほど惹かれます。
イチジクでも、いつまでもドーフィンと蓬莱柿でもあるまいに、と思います。バナーネと言う品種は、ドーフィンと同等の大きさで、甘さは遥かに上回るとか。栽培スペースが無いので、誰か営利栽培で作ってくれないかと待っているのですが。

2015/02/25 22:30
森さん、ワニ園ではキーツは花つきが良くて育てやすい品種ですが、木が大きくなり過ぎるのが欠点です。あと色が緑色なので熟期の判定が難しいです。イチジクのバナーネは確かに美味しい品種です。私も1度だけ食べさせてもらいましたが、忘れられない味の1つです。ワニ園には品種名不詳の黄色い小さいイチジクがありますが、寒さには極端に弱く、熱川でも霜げてしまいます。でも味は抜群です。
学芸員
2015/02/26 01:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
黄色い春見つけた 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる