奇麗な花だね!

我が家のサボテンの花、やっぱり春は華やかな花が多い。最初は宇宙殿変種のレジェシー(Echinocereus knippelianus var.reyesii)接ぎ降ろし2年目でやっとそれらしくなってきた。小さくて可愛らしく花の綺麗なエビサボテンだ。次は緑色の花が特異な青花エビ(E.viridiflorus)。いつもは春の一番乗りは本種だが、今年はパーケリーの方が早かった。次はまだ蕾の状態だが、9つも蕾の着いた太陽(E.rigidissimus)だ。刺色も良く、高さが30cmもある太陽は滅多に見られないだろう。開花時には是非家にいて、その素晴らしい花を楽しみたいものだ。次はマミラリアの姫春星(M.humboldtii)。2度目の紹介だが余りにもきれいなので、是非皆さんに見てもらいたい。次は刺が赤くて奇麗な猩々丸(M.spinosissima)。鉢巻きの様に花を咲かせるのがマミラリア属の特徴。次はサブドゥクタ・ダシアカンサ(M.subducta var.dasyacantha : M.laui form.dasyacantha)ラウーイのグループで、小型で花の美しいサボテンだ。まだ咲き始めで、これからもっと見事に咲くだろう。次の柱状の小型マミは種名不詳。もしかしたら雑種かも。以上はメキシコのサボテン。次の黄花は南米物、コピアポア・エスメラルダナ(Copiapoa esmeraldana)。春には次々咲いてきて嬉しい存在だ。次はギムノカリキウムの赤羅星丸x緋花玉(Cymnocalycium bruchii var. x G.baldianum)。私が学生時代、研究室の先輩の作った交配種を持ち帰って40年来維持してきたものだ。丈夫で可愛らしく、私はとても気に入っている。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック