くうちゃんの引っ越し

オランダから来たレッサーパンダ、オリビアの子供のくうちゃんが親元を離れて独り立ちした。出産以来ずっと母子家庭で、お母さんに甘え放題のくうちゃんだったが、ここに来てオリビアにくうちゃんを遠ざけるそぶりがあるというので、飼育担当の横山課長がくうちゃんを独り立ちさせたのだ。そしてオリビアは別の雄と同居することになった。相手は2歳年上のシナモン君、来年の繁殖を期待しての同居だが、果たして相性はどうだろう。
画像はようやく自分の部屋をもらったくうちゃん、まだ1歳にもならないのでやはり顔も子供っぽくて一番可愛い。ご飯はまだかと近くに来て様子を見ているところをパチリ。これだけ近くで撮れればお客様も喜ぶだろう。
次は動物つながりで、バナナ温室を出た所にあるテラピアの池、連休前ということで奇麗に掃除したのでしばらくは奇麗だろう。ただしここでは100円でテラピアの餌やりをやらせているので、餌が多く出た日には魚の糞も半端ではなく、池の汚れ方もすさまじい。まして気温も5月並みの昨日、今日の陽気では水温も上がり池の汚れに拍車をかけるだろう。次の写真はそのテラピアの池の奥に置いてある水生アマリリスなどの生育状況。多いのはヒッペアストルム・ハリソニー(Hippeastrum harrisonii)で尺鉢で3つあるが、丁度花芽が出始めたところだ。花は多分連休には間に合わず、例年連休明けから咲き始める。同様に水生のキク、セネシオ・イコグロッサス(Senecio icoglossus)も花茎を伸ばし始めたので、アマリリスと前後して咲いて来るだろう。このセネシオを1992年にパラグアイで採集して持ち帰って以来22年間、ずっとここで維持してきた植物だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック