学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS スミシアンサと球根ベゴニア

<<   作成日時 : 2015/12/27 10:01   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

正月に向けて球根ベゴニアのコーナーでは球ベゴとともにスミシアンサ・オーランティアカ(Smithiantha aurantiaca)も見頃を迎えた。このスミシアンサ、冬咲きのアキメネスのようなものだが、故アルフレッド・ラウー氏がメキシコで採集し送ってくれたイワタバコ科の珍種なので導入当初から大切に育てている。今年はローテーションの関係で大量に育苗してしまったため、この花が終わらないと球ベゴのスペースを広げられないというジレンマがあり、混み過ぎて嬉しい悲鳴のような状態だ。このスミシアンサ、導入当初から面白いことに葉色が2色あり、若緑の葉と赤茶色の葉で、株の印象が全く異なる。面白い現象だとずっと思って来たが、昨日撮影していてふっと思ったことは、単に葉に生えている繊毛の色の違いではないかということだ。若緑の葉に透明な繊毛が生えれば若緑のまま、これに赤い繊毛が生えると若緑+赤で赤茶色になるということではないだろうか。花茎や花の色は全く同じだし、この部分だけ較べたら区別がつかないからだ。だから実生すれば3:1とかに分離するのかもしれないが、いつも鱗茎で殖やしていて実生更新はしていないので確認はしていない。でも1つ謎が解けたような気がしてとても気分が良い。画像は最初の2枚が赤紫の系統、次の2枚が若緑の系統だ。そして見頃を迎えた球根ベゴニアの花各色。綺麗なものだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スミシアンサと球根ベゴニア 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる