熱川桜

久し振りの晴れ間に、熱川桜が奈良本のけやき公園で咲いていたのを思いだし撮影に行って来た。今日は満開のこの画像を楽しんでもらいたい。熱川桜は熱川の観光協会が、河津桜の人気にあやかりたいと、熱川の温泉街にあった花の綺麗な桜に熱川桜と命名して増殖したものだ。開花期はちょうど河津桜の終わった頃咲き始めるのだが、春休みにはちょっと早いし、宣伝しづらいかなという面はある。樹形は河津桜が横張り性で、低い位置に枝を伸ばすのに対し、この熱川桜は立ち性でちょうどケヤキのようなほうき立ちになる。いずれ緋寒桜の血の入った自然実生なのだろうが、1つ1つの花は河津桜と同じような色合いに見えるが、満開の状態では、こちらの方がピンクが淡く感じられるみたいだ。けやき公園の桜は植えて10年位だと思うが、丁度良い大きさに育って今が見頃だ。ただこの場所は、地元の人間しか知らない奈良本の奥まった場所なので、観光客が通りすがりに目を止めて楽しめる場所ではないのが残念だ。ワニ園の栽培圃場がこの公園の横にあるので、私らは咲いたのを知って撮影にも行くが、ほとんど観光客に見られずに終わってしまうのが残念なところだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック