春はスイセンから

分園の中庭でスイセンが咲き始めた。いつも一番乗りは早咲き品種シクラミネウス系のテータティート(Narcissus 'Tete-a-Tete)だ。今の時期園芸センターで見かける小輪のスイセンは全てこれで、鳥舎前の花壇の縁取りに植えてある。ここの株は売店の売れ残りを植えたものだが、たちまち殖えてびっしり咲くようになってきた。二番手は大杯スイセンのアイスフォーリス(N. Ice Fallis)で、これも花壇の縁取りに植えてあり、丈夫な品種だからビッシリ殖えて良く咲くこと。ほぼ同時に咲いてくるのが牡丹の縁取りに植えてあるナルシッサス・オドルス(N.x odorus)だ。ずっと植えっぱなしなので、最近は花数が少なくなってしまったが、私の好きな繊細な花のスイセンだ。我が家ではペチコートスイセンのブルボコディウム(N.bulbocodium)とその交配種のクリーム・ゴブレット(N.Cream Goblet)が咲いている。このペチコート系のスイセンはなんとも可愛らしい花で、誰からも好かれる。秋咲き白花のカンタブリクスとこのブルボコディウムはとにかく良く殖えるので持て余すほどだ。原産地はスペイン。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック