今日も同じ花だけど

今日もバタバタせわしなく、1日追い回されてしまった。ということでゆっくり写真を撮る余裕も無く、昨日の我が家のサボテンの画像でお茶を濁す所存。ご免なさい。最初は赤花の兜(Astrophytum asterias)、本当にいい色で私の大好きなワインレッドを帯びた花は最高に美しい。2株、微妙に色合いが異なるが、最初の方がいい色だ。次は小型鳥羽玉のロフォフォラ・コエレシアナ(Lophophora koeresiana)。キリンウチワで育てると鳥羽玉と大差無い気がするが、花がはるかに大きいので、観賞価値は高い。今、これよりさらに小型の鳥羽玉をキリン接ぎで育てているが、親指の先程度で親株というから、たちまち開花サイズになるはずで、楽しみにしている。次は紅花鳥羽玉(L.williamsii)、雑種起原と聞いた事もあるが、5号鉢一杯の群生株で、これだけ大きくなってくれると花も多いし嬉しいものだ。次は花が指先程の大きさしかないランポー玉のチューレンセだ。故平尾さんとメキシコ旅行した時の想い出の植物で、トゥーラの近くで見た株の種由来だから純種ではある。そしていつもの象牙丸(Coryphantha elephantidens)。夏から秋にかけては、毎日大輪美花の象牙丸が咲いてくれるので、管理していても楽しい。以上はメキシコ原産。そして黄花はチリ原産のコピアポア・エスメラルダナ(Copiapoa esmeraldana)。本種とラウーイ(C.laui)は次々と可愛い黄花を咲かせてくれるので、温室には欠かせない存在だ。最後のピンクはアデニウム・オレイフォリウム(Adenium oleifolium)。本来の時期ではないが、思い出したように1輪咲いていた。南ア原産、キョウチクトウ科の花物多肉の1つだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック