学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS マダガスカルのハイビスカス

<<   作成日時 : 2016/11/09 09:53   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日、マダガスカル島原産の珍しいハイビスカスが咲いた。ネット画像で検索したら、一発で似た花が出て来たので、そこから調べたらすぐに本種がヒビスクス・フェルギネウス(Hibiscus ferrugineus)であると判明した。マダガスカルには現在49種のヒビスクス属が知られているが、その代表的な種の1つらしい。画像は午前中の咲き始めと、満開になった午後のもの。そもそも本種はバオバブの調査を継続的に続けている友の会の原子さんがお土産に下さった種子の1つ。この類発芽が悪く、いつも空振りに終わるのだが、本種だけは播種翌年の春に2本が芽を出して無事生育し、ようやく1番花の開花に至ったもの。1日花で、今日にはもう閉じてしまっていたが、久し振りに珍しい花が咲き、しかもすぐ同定できて満足している。驚いたことに、ネット画像には国内で開花させた例も報告されており、種名で検索すると有名種子業者も出て来るから、種子購入も可能ということなのだ。原子さんが大変苦労して持ち帰った種が、ネットで簡単に買えるというのも、なんかやりきれない気がする。次はいよいよ満開のアマリリス・オーリクム(Hippeastrum aulicum)。最初に咲いた2本は終わってしまったが、今20輪以上が咲き、とても見事だ。画像には手前にグロキシニア・アリオン(Gloxinia 'Allion')も満開で写っているが、本種もそろそろ終わり花が咲き始めており、追々球根ベゴニアに場所を譲ることになる。今の時期、球根ベゴニアが日ごと大きくなるので、毎日場所のローテーションに追われている。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
このハイビスカスは同じくインド洋地域原産のフウリンブッソウゲやリリフロルス同様、いわゆる「ハイビスカス」に近縁なものなのか、それともローゼルなど交配できないものに近いのかどちらでしょうか。それにしても今の「ハイビスカス」のもとになった原種が、インド洋地域とハワイのものというのが不思議です。当然その間にも近縁のものがあってしかるべきですが、フヨウやハマボウはおろか、見た目がよく似たムクゲとすら交配できないというのが不思議です。この仲間の起源と放散の歴史がどういうものだったのか気になります

2016/11/14 21:33
森さん、このマダガスカルの原種は南アのペドゥンクラータスに雰囲気が似ています。草姿も似ていますからごく近縁の種と思います。だとするとすごく丈夫で扱い易いはずです。楽しみですね。
学芸員
2016/11/15 19:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
マダガスカルのハイビスカス 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる