学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 白い多肉のその後

<<   作成日時 : 2016/12/05 13:12   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

11月6日に日本ブロメリア協会の見学会があり、研究室に見えた皆さんに白い多肉をおねだりされるのはいつもの事。今年も大株2鉢など6鉢を差し上げる結果に。その後、棚上は一気に寂しくなってしまったので、私も早々に誤魔化したくて、自宅から何株か持ち込み、鉢上げ、株分けなどもして、今はまた元のように戻った。有るべき所にあるべき鉢数がないとこの景観は維持できないので、いつも出し入れを繰り返しているのだ。今日はまた突然、富士多肉植物愛好会の一行8名がお見えになったので、最初にこの多肉をお見せして、それから園内を案内した。そんなこんなでいつもの休みなら、昼には帰って自宅で昼食がルーティーンになっているのだが、今日はまだ研究室でブログを書いているということ。予定が大部ずれ込んでしまった。白い多肉に関しては何度も書いているので詳述は避けるが、最初が仙女盃(Dudleya brittonii)の親株、もう直径30cmになっている。次がその実生の株で17cm、大型種のアントニー(D.anthonyi)が20cm、珍品パキフィツム(D.pachyphytum)が19cmという具合だ。どれも生育の勢いがついて一気に大きくなってきた。次はエケベリアのラウリンゼ(Echeveria 'Lau-Lindsayi')で19cm、セダム・スアベオレンス(Sedum suaveolens)が13cm、ダドレア・ヌビゲナ(D.nubigena)が13cm、グノマ(D.gnoma)の群生が径17cmという具合だ。そして最後がエケベリア・ラウーイ(Echeveria laui)。直径9cmとちっとも大きくならないが、白さは抜群だ。以上、全てメキシコ原産、ベンケイソウ科の冬型多肉植物だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おねだりするともらえるんですね。これじゃ、業務上横領ですよね。訴えられないように気をつけてください。勘違いする方もいますよ。
さーや
2016/12/06 21:41
さーやさん。アドバイスありがとう。
誰にでもあげるわけではありませんからご心配なく。
学芸員
2016/12/07 12:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
白い多肉のその後 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる