学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 望外の到来物

<<   作成日時 : 2017/01/26 19:17   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の休み、かねてより予約があった友の会のSさん一行がお見えになった。熱帯スイレン関係の方なので、その心づもりでいたのだが、来るなりお土産にと渡されたのが、私の大好きな白い多肉植物。しかも私の好みにビッタンコ。パキベリア・ブルー・ベル(Pachyveria 'Blue Bell')とのことだが、調べてみるとベル・ブルー(Belle Blue)の方が正しいようだ。スペルがBellで鐘の意味ならブルー・ベルだろうが、美人という意味のBelleだからベル・ブルーなのだろう。同じベンケイソウ科の多肉植物にタキトゥス・ベルス(Tacitus bellus)という花の美しい種があるが、この種名も美しいという意味だ。今日写真を撮ったら、これまた綺麗に写って素敵なこと。早速私の窓辺の多肉の仲間入りだ。しかし、お土産はこれだけではなかった。大きなダンボールを持ち出すので何かと思ったら、今度は大きなティランジアが2株。しかも元気一杯で栄養状態の良いこと。余程肥培しているらしい。それがホンジュラス原産のティランジア・コパネンシス(Tillandsia copanensis)と交配種、ティランジア・キセログラフィカ X ブラキカウロス(T.xerographica x T.brachycaulos)の巨大株。柔らかい植物なのに吊って育てていたようだから、余程栽培施設の条件がよいのだろう。最近私はフェースブックでタイのパチャラ・オーキッドのティランジア画像を毎日のようにチェックしているが、正にそういう作りで、その生育の良さに驚嘆した。私は自分の管理しているティランジアには肥料などやらないから、同じコパネンシスでもその差は歴然だ。イヤ、参った!お土産の駄目押しにもう1つあった。ムシトリスミレの巨大種、メキシコ原産のピンギクラ・ギガンテア(Pinguicula gigantea)だ。こんなのくれちゃっていいの!という位立派な株でこれにも脱帽。私の立場がないよね。
そんなお客さんだから、先ず研究室の白い多肉を見て、ティランジアを見て、中庭の多肉を見てと、もうそれで1時間。昼食後は本園でスイレン温室をメインに1時間、最後は我が家の温室見学で1時間と半日がかり。お土産に我が家のサボテンを色々持ち帰ってもらった。よくギブ・アンド・テイクなんて言うけど、今回はテイク・アンド・テイクみたいな1日だった。以前来園した時、私が白い多肉をあれこれ差し上げたようで、それが契機になって彼も多肉にこだわっているらしいが、嬉しいことだ。お連れさんも多肉女子みたいだから頼もしいこと。また1つ人脈ができたということか。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
望外の到来物 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる