白い多肉が絶好調

研究室の窓辺の白い多肉、ポカポカ陽気の年末年始のおかげか、前の晩に水をやったら正に元気一杯。神々しい程の白さで、驚く程の美しさだ。先ず全景、そして奥半分の画像と続くが、どれも生き生きして綺麗でしょ。先ず仙女盃(Dudleya brittonii)の親株、直径30cm近い株だ。次がその子供で特に葉幅が広くガッチリしたタイプ。直径20cmだ。次は良く似ているがより大型になるダドレヤ・アントニー(D.anthonyi)。これが22~23cm。最後がダドレヤ・パキフィツム(D.pachyphytum)で18cm。どれもカリフォルニア半島原産のベンケイソウ科の多肉植物。地中海性気候で育つため、日本では冬に元気になり、寒さに当てないと旺盛な生育をしないという変わった植物達だ。あれこれ説明は不要と思われるので、その美しさをゆっくり堪能してもらいたい。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック