鳥羽玉の春

連休があって一週間休まなかったら、その間に、温室に春が来ていたようだ。今日は鳥羽玉類だ。早春の日射しの中で、ムチムチした身体からピンクの花を咲かせて可愛らしいこと。私はこの鳥羽玉好きだな-。最初は小型種のコエレシアナ(Lophophora koeresiana)、そして鳥羽玉(L.williamsii)、銀冠玉(L.fricii)の順だ。コエレシアナが花弁の筋が目立ち、やや大輪だ。鳥羽玉が基本種で、銀冠玉は明るいピンクでやや細弁か。私は刺の強い刺物が好きだが、この鳥羽玉類も昔から好きでずっと維持してきた。ところが、ここ数年、鳥羽玉類がやけに元気よく育つので、余計気に入ってしまい、どんどん株数が殖えている。刺物を卒業して鳥羽玉類に特化すれば、随分植え替えも楽になるのではと思う。何せ刺が無いのが一番の取り柄で、こんな嬉しいことはない。画像でもムチムチ感は伝わると思うが、本当に大福みたいだ。次は白斜子(Mammillaria pectinata)とマミラリア・サンチェスメホラダエ(M.sanchez-mejoradae)、何度も登場するが、満開だとつい写真を撮ってしまう。勿論全てメキシコ産のサボテンだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック