学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 中庭の花木にも春

<<   作成日時 : 2017/03/06 20:50   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

既に何度か紹介したホンコンドウダン(Enkianthus quinqueflorus)はいつまで経っても美しく、通りがかる度に見とれてしまう。本当に良い色だ。そろそろ花が落ちて,若い果実も見え始めたが、今年はびっしり実がなるのかも知れない。これだけ奇麗だと、ひさし振りに種でも播いてみようかなんて気にもなったりする。香港原産でツツジ科の花木。次はぼつぼつ咲き始めたサンカクバアカシア(Acacia cultriformis)だ。勿論オーストラリア原産でマメ科の花木。昨年は剪定の時期に忙しくて何もしなかったので、今年は伸び放題。大々的に切らないと、皆倒れてしまいそうだ。土手の上に列植してあるビブルヌム・ティヌス(Viburnum tinus)、シャクナゲモドキの開花に先だって頭部の徒長枝をばっさり切ったが、今見ると、どこを切ったやらという感じ。それだけ木が大きくなってしまったということで、毎年こまめに剪定しないと駄目だね。これはスイカズラ科の花木でヨーロッパ原産。ようやく花が咲き出したが、これからは一気に咲いて白い花で賑やかに土手を彩ってくれるだろう。最後は見頃を迎えたスイセン2種。定番のミニスイセン、テータティート(Narcissus 'Tete a Tete')と大盃のアイスフォーリス(Narcissus 'Ice Fallis')だ。両種とも球根の繁殖旺盛で、年々面積が増えているようだ。庭植えにはこれくらい丈夫な品種がお勧めだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中庭の花木にも春 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる