奇想天外の花芽など

昨年はパットしなかった奇想天外(Weiwitchia mirabilis)だが、今年は2株とも花芽が一斉に育って来た。1株目は花芽が3個、2株目も左側に縦3個の花芽が育って来た。これは確実に咲くだろう。右側にも2つ位花芽が出かかっているが、これももしかしたら咲いてくるかも知れない。1株から花芽が5本も立ったら壮観だろう。奇想天外はアフリカのナミビア原産でキソウテンガイ科に属し、1科1属1種の裸子植物。我が家は2株とも雄株だ。次の写真は階段脇にからまっているアケビ(Akebia quinata)の花。あまりにも見事にびっしり咲いていたので紹介したくなったということ。その次は新芽が展開しかかっているギボウシの寒河江(Hosta 'Sagae')。私はギボウシはこれ1種で十分という位気に入っていて、昨日芽数を数えたら丁度100個あった。これから新芽が固まるまでが見頃で、本当に奇麗な色だ。以下は庭の球根類。赤はスパラキシス・トリカラー(Spalaxis tricolor)がこぼれ種で咲いたもの。次のモラエア・オクロリュウカ(Moraea ochloleuca)もこぼれ種で咲いた2タイプ。バビアナ・ナナ(Babiana nana)も咲いてきたが、ここ数年寒さが厳しいとこのバビアナ属の植物が一番に傷むので、去年から余り奇麗には咲いていない。そしてモラエアの群開風景。やはりオレンジ色のネオパボニア(Moraea neopavonia)が一番鮮明で目を引くので、今後はこれをメインに殖やして行こうと思う。最後はお楽しみで買って来た斑入り葉のチューリップ。葉の覆輪斑は奇麗だが、花は余り感心しない。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック