テレサエなど

小型のマミラリア類でもテレサエ(Mammillaria thelesae)の仲間の花の美しさは抜群だ。今日の画像はそのテレサエから、1輪、2輪、多輪の順の写真だが、1輪だけでも本当に奇麗だ。だからこれが群開していれば尚更奇麗だ。昨日、実は面白い事に気が付いた。3枚目の写真、中央の2輪だけ花が淡く小さいのだ。考えてみたらこの花を咲かせている手前の1頭は、他とは別系統で、昔平尾さんにいただいた株なのだ。去年まで1度も咲かなかったので、今年は別系統の株(サックシードの種で、キリンウチワ接ぎで育てた株)と一緒に植えたのだ。そうしたら初めて咲いたということなのだ。それにしても随分イメージが違うものだ。次の1輪は更に小型のハウデアナ(M.haudeana)、そしてより大型のデヘルドティアナ(M.deherdtiana)の順だ。次は昨日1輪だけ咲き残っていた太平丸(Echinocactus horizonthalonius)。そして私がこだわる神竜玉(E.parryi)だ。この神竜玉は昨年1株台根が枯れてミイラになりつつあり、残り3株。そろそろ種を採らないと次代の確保に困りそうなのだ。こんな時に限って2株が同時には咲かず、気を持たされている。最後は昨日蕾の写真をアップしたモランガヤ・ペンシリス(Morangaya pensilis=Echinocereus)。帰宅したら案の定咲いていたので、フラッシュをたいて撮ってみた。開けば奇麗だろうが、何にしても花着きが悪過ぎる。 以上、全てメキシコのサボテンだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック