熱帯並みの華やかさ

先日、近在でも屋外でブーゲンビレア(Bougainvillea)が見事だと書いたので、昨日写真を撮って来た。品種はワニ園でサンディエゴ・レッド(B.hybrid 'San Diego Red)と呼んでいる非常に鮮やかな花のタイプに良く似ている。最初は我が家の近くの整体師さんの治療院で、ご覧の通り、見事ブーゲンの花に覆われている。傍から見るのは良いが、近くでは枝に引っかかったり管理が大変だと思う。でも毎年同じように見事に咲かせているので、プロ顔負けの管理と言えよう。もう1つは海岸線で見た株で、これは予定にはなかったが、ついでに撮ってきた。普通は刺が痛くて大変なので、このように丸っこく刈り込んで終わりだ。だから前者がいかに上手に管理されているかわかるはずだ。このブーゲンの治療院、車を停めてみたら奥にノウゼンカズラが満開になっていて、これも見事なので写真に収めてきた。ちょうど門構えを覆うように咲いていて、これも見事な手入れだった。花は赤味が強いので普通のノウゼンカズラではなく、ノウゼンカズラとアメリカノウゼンカズラの交配種マダム・ガレン(Campsis x tagliabuana 'Madame Galen')という品種だと思うが、本品種をこんなに上手に咲かせているのも初めて見た。この時期の日本は熱帯並みの暑さがあるから、景観もまた熱帯を模したものが作れるということだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック