クリナム揃い踏み

しばらく中庭を見ない間にクリナム各種が見頃を迎えている。先ずバナナ温室入り口横で咲いているクリナム・ポウェリー(Crinum x powelii)のピンク。これは在来の貧弱な花ではなく、白花種同様観賞価値の高い花だ。次がポウェリー・アルバム(C. x powelii 'Album')。最も丈夫で良く殖える大型庭園の定番だ。次が在来のポウェリー。写真だと最初の株と大差無いように見えるが、花が貧弱で、ふつうなら捨てるべき系統だろう。ただ、これが最初に日本に導入され、インドハマユウなどの名前で広く普及してしまったため、引っ込みがつかなくなったということだ。次は白花カップ咲きのムーレイ(C.moorei)だ。丁度見頃だが、斑入りの系統はまだ花芽も出ていない。最後が種がびっしり出来るクリナム・ブルビスペルマム(C.bulbispermum)で、これが本物のインドハマユウなのだ。最後の写真で実がびっしりなっているのがわかるだろうか。 ちなみにポウェリーはブルビスペルマムとムーレイの交配だから、両親とその子供達が同時に咲いて当然なのだ。勿論これらはヒガンバナ科の大型球根で南アフリカ原産だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック