パンダも喜ぶヤマモモの季節

伊豆高原の溶岩台地を中心に伊豆半島にはヤマモモ(Myrica rubra)の木が多いが、ワニ園のレッサーパンダの放飼場にも雌雄の大株が2株あって、温室側の雌株が今鈴生り状態。この時期になるとパンダもヤマモモばかり食べているようだが、とにかく凄い量の実が成っている。画像はそのヤマモモの結実風景と居眠りしているパンダ。当園のヤマモモは野生種なので実も小さく、パチンコ玉程度の大きさだ。ワニ池ではアメリカデイゴ(Erythrina crista-galli)が満開で、見事なものだ。そのかわり池に花が落ちるので、池掃除は大変なのだ。画像はそのアメリカデイゴの下でくつろぐミシシッピーワニ。最後は本園のジャカランダ(Jacaranda mimosifolia)だ。今年は花が少ないと前回書いたが、その後、花数が多くなってきて、今は見事な咲き振りだ。ただ欠点と言えば、木が大き過ぎて、真下へ行っても、花ははるか上の方で咲いていて間近で見る事ができない点か。やはりワニ園入口の橋の上やマイクロバス乗り場から、温室越しに見上げるのが一番絵になるようだ。ジャカランダとアメリカデイゴはブラジル原産、前者はマメ科で後者はノウゼンカズラ科だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック