セクリダカ、クリナムなど

分園、中庭でヒメハギ科のセクリダカが満開だ。兎に角丈夫で花着きが良く、しかも長期間咲き続けるという、最高の園芸素材だが、何故か種名がわからない。ディベルシフォリア(Securidaca diversifolia)という名前で導入し、長年その名前を信じていたのだが、いざ調べてみたら全然違う。ということで名無しの権兵衛では園芸書にも紹介できず、宝の持ち腐れみたいな形でずっと維持している。とにかく奇麗な植物だ。原産地はメキシコあたりだと思う。その横ではクロコスミア・ルシファー(Crocosmia 'Lucifer')も奇麗に咲いている。植えた時より大部殖えたみたいで,花数も多くなり結構目立つ存在になってきた。南ア原産、アヤメ科のクロコスミアの園芸品種だ。数日前からゾウガメ温室の角でクリナムの園芸品種ミセス・ジェームス・ヘンドリー(Crinum hybrid'Mrs.James Hendry')が咲いてきた。白花大輪で奇麗だが、それ以上に香りが素晴らしく、本種の良さはこの香りにあると思う。次はブルビスペルマムの白ということで導入したクリナム(Crinum bulbispermum)だ。花はご覧の通り真っ白で素晴らしいが、ブルビスペルマムにしては花期が遅いし、葉も緑色で、特有の青白さはない。多分、何らかの交配種になっているのだろうが、白花自体はピンクに変色することもないので、とても奇麗だ。最後はポウェリーピンク2タイプ(Crinum x powelii)が満開なので紹介する。最初が在来の貧弱花、後者が整形の花のタイプ。勿論観賞価値は後者が格段に優れている。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック