雲南ハギなど

中庭で雲南省西双版納で採集して来たハギが咲いている。先日お見えになった友の会のハマウツボさんが、多分四季咲き雲南ハギ(Campylotropis macrocarpa)ですよと教えて下さったのだが、本種は年に一度この時期にしか咲かないので、四季咲きは当たらないと思う。でも考えてみたら、花が終わると枝を剪定してしまうので、春に咲くかどうかは未確認なのだ。雲南ハギは春咲きが基本なのだ。いずれにせよ、この辺の植物ということで間違いはなかろう。アドバイスを下さったハマウツボさんに感謝。勿論、ハギはマメ科の植物だ。次も中庭で満開のギョリュウバイ(Leptospermum scoparium)だが、午後の日射しだと色が飛んでしまって、赤紫葉に赤い花の本種は撮りにくい。ニュージーランド原産でフトモモ科の潅木。イタリア原産、甘い香りの黄花のハリエニシダ(Ulex europaea)もよく咲いてきたが、こちらは陰で撮ったのでちゃんと撮れている。刺が猛烈に痛いマメ科の小灌木。そして季節の花、南アフリカ原産ののマーガレット・コスモス(Euryopus chrysanthemoides )とメキシコ原産、パイナップル・セージ(Salvia elegans)も奇麗に咲いている。前者はキク科、後者はシソ科だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック