早くも寒桜が開花

分園の第2駐車場には寒桜(Prunus x kanzakura)が植わっていて、例年正月に咲き始めれば早い方なのだが、今年は既に目立つ程の咲き振りで驚いている。通勤途上で見かける木はすでに5分咲き位に咲いていて、これには驚く以上にあきれている。まったく季節がどうかしている。分園の寒桜の向かいではウコギ科のヤツデ(Fatsia japonica)の花が咲いていて好対照だ。ヤツデなど、普段は気にもとめない木だが、花時は目を引く存在になる。中庭のソシンロウバイ(Chimonanthus praecox f. concolor)もちらほら咲き始めているし、正月には満開になってくれそうだ。明るい黄色で上品な香りは、新春を祝うに最高の素材だ。我が家のベランダでは、キルタンサス・マッケニー(Cyrtanthus mackenii)のピンクとクリーム色が咲いている。南アフリカ原産でヒガンバナ科の小球根だ。ピンクは稲取の街中でよく見かけ、それをいただいてきたもの。クリーム色は、かつて南アフリカ植物学会の種子プレゼントで播いたもの。マッケニーの変種クーペリー(C.mackenii var.cooperi)で、とにかく丈夫でこぼれ種でどんどん殖えるので絶える心配がない。香りも良いし、今もリビングに飾って楽しんでいる。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック