球根ベゴニアの季節ですよ

私が球根ベゴニア(Begonia tuberhybrida)を担当するようになって30年以上だが、毎年同じように催芽し、鉢上げして正月から賑やかに飾れるように育苗している。今年は球根を冷蔵庫に保存中の温度が少し高かったようで、芽が5cmも伸びていて徒長気味だったが、1ヶ月後から鉢上げを始め、2ヶ月で全て鉢上げ完了。12月10日、70日目当たりから花芽が目に付きだし、12月20日には相当数の花が咲き始めた。それが今日の画像だ。最初が徒長気味だったので、株はどれも背が高くなってしまったが、これは仕方がない。年々、何らかのトラブルはあるものだ。1時期、ホームセンターの腐葉土を使ったら、球ベゴだけに障害が出て、簡単に腐り、しかもちっとも大きくならなくて、数年間苦労したことがある。球根を納入してくれている生産者の方が、腐葉土のせいですよと教えてくれたおかげで、翌年からは見事な花を楽しめるようになった。他の植物も同様に駄目になれば、原因はすぐわかったのだろうが、球ベゴだけに症状が出たので、原因を特定できなかったのだ。植物は何年作っていても油断はできない。最後は先だって紹介したマッソニア・ピグマエア(Massonia pygmaea)とされている小型種。ちょうど満開で、株も少し大きくなったような気がする。窓辺に飾るには持って来いの植物。南アフリカ原産でヒアシンス科だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック