ツバキがいいね

ここのところの好天と静かな日々のおかげで、我が家のツバキが一気に咲いて来た。一番華やかなのが、桜のように弁端が切れ込んだハルサザンカの姫光輝(Camellia vernalis 'Himekoki')、続いて紅白一重の六歌仙(Rokkasen)、淡ピンク八重の宝塚(Takarazuka)、ピンク一重の近江衣(Omigoromo)、ピンク一重小輪の汐風(Siokaze)、以上全てハルサザンカだ。ジャポニカ系のツバキはみんな一重で、白の細雪(C.japonica'Sasameyuki')、赤の紺屋小町(C.j.'Koyakomachi')、ユキツバキっぽい花の戸室(C.j.'Tomuro')だ。ジャポニカ品種は、どうしても私の好みで一重の小輪になってしまうが、紺屋小町など、暖かい時期に咲いた花は本当に奇麗だと思う。今の時期は色が黒っぽく、本来の色ではない。どの画像も肉眼では見えなかった傷みなどが写っていて、衰えた自分の目に呆れてしまう。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック