トックリアナナスの春

この時期、ティランジアの温室はティランジアぽいエクメア属の1種、トックリアナナス(Aechmea recurvata)の開花期で非常に華やかだ。本来は緑1色だが、黄色い斑入りのアズテック・ゴールド(A.recurvata'Aztec Gold')は特に華やかで私の好み。暇さえあれば株分けして鉢数を殖やし、少しでも早く大きくするように心がけている。この無地の方も、私が世話になっている車屋さんの庭から頂いてきた株が始祖で、確実に結実して実生更新も容易な優良系統だ。逆にアズテック・ゴールドには種が付かない。その横ではトックリアナナスとエクメア・コマータ(A.comata)の交配種コバータ(A. X covata)が咲いている。殖えた株をみんな本園ブロメリア温室の飾りに持って行ったため今は1株になってしまったが、殖やすのは簡単だ。両親ともブラジル原産。ところでコバータの後、斑入りパイナップルみたいな大株はエクメア・マグダレーナエ(A.magdalenae)の斑入りで変種のクアドリカラー(var.quadricolor)とされている。、ブロメリア協会の会員からいただいた株。生育旺盛で、まるでリュウゼツラン科のフルクレア(Furcraea)みたいに良く育つし、実際フルクレアそっくりで、間違いやすい。これはメキシコからエクアドルに分布。次は先にも紹介したティランジア・ストラミネアの品種ディープ・パープル(Tillandsia straminea 'Deep Purple')だが、強光線のおかげで本当に奇麗に紫が発色している。本種もエクアドル原産だ。あと、エアプランツの自生地メキシコから持ち帰った紐サボテンの1種アポロカクタス・マルティアヌス(Aporocactus martianus)もいまが満開で、次々と咲いている。余り花着きの良い種ではないが、今年は見事に蕾が着いている。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック