美しいマミラリアなど

水曜日、午前中の荒天とは裏腹に,午後は快晴で温室のサボテンが一斉に花開いた。なかでも大輪系のマミラリアは美しく,思わず見とれてしまった。最初はマミラリアのテレサエ(Mammillaria theresae)。この仲間では最美だと思っていたが、確かに美しい。それに年に何回か咲いてくれるので楽しみも多い。次は最近来たばかりの株で同じく大輪タイプのマミラリアでルエシー(M.luesyi)。白花でピンクの覆輪という咲き方で、しかもコンパクトにびっしり咲いて、テレサエとは違う美しさがある。次の黄花は金星(M.longimama)、今年はやけに花着きがよく、ベットから鉢上げした恩に報いてくれた感じだ。その次は蓬莱宮のように鮮やかな花を着けた精巧丸(Pelecyphora aselliformis)。普通は接ぎ木で仕立てられる種だが、この株は正木。小さくて可愛い株だ。次はエビ3題。先日10輪も咲いていた太陽(Echinocereus rigidissimus)にまた花が咲いていた。開花直後はやけに花色が鮮やかなので、とても目を引く。次はパマネシオルム(E.pamanesiorum)。地味なエビだが、我が家に居ついて長い。最後はエビのラウーイ(E.laui)。接いであると幹も太く花数も多いが、こうして挿し木で更新すると細くなってしまい、花数も少なくなってしまう。最後は赤刺タイプの緋冠竜(Thelocactus fossulatus)。白花との対比が素敵だったので1枚。以上全てメキシコのサボテンだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック