満開ですよ!

分園売店前の温室でサルノシッポことヒルデウインテラ・コラデモノニス(Hildewintera colademononis)が満開だ。ボリビア原産で、滝のように吊り下がった白い柱サボテンに咲く朱色の花は、兎に角華やかで美しい。これらの株は栽培温室担当の薗田君の手によるもので、彼の手にかかると、育ちの遅いサボテンでも1年で50cmも伸びてご覧の通り。本当は入口のスロープに飾りたかったのだが、生育が良すぎてお客様の顔に当たっても困るので、ここに吊ってある。今後秋まで定期的に咲いて花を楽しませてくれるはずだ。中庭では珍しいニューサイラン(Phormium tenax)の花が咲いている。ニュージーランド原産で、花の感じが我が家で開花中のドリアンテスに似ているので、ドリアンテス科と思い込んでいたが、調べてみたらススキノキ科で、意外だった。私はつい最近まで本種の花を見たことがなかったのだが、中庭の造園に使った株が10年程前に咲き始めたら、毎年咲くようになって、今では見慣れた光景だ。しかし基本的にはとても珍しい開花例と言って良い。梅雨も近づき園内各所でアメリカ原産のカシワバアジサイ(Hydrangea quercifolia)が咲いてきた。清涼感のある花で、その色合いが何とも言えず、私の好きな花の一つだ。丈夫で、どれだけ切ってもちゃんと回復して咲いてくれるので、管理する面からも扱い易い植物なのだ。アジサイの類ではヤマアジサイの変種シチダンカ(Hydrangea serrata forma prolifera)も咲いている。これは江戸時代からある古い植物だが、小型のアジサイで可愛らしくて良い。今調べてみたら神戸の六甲山で見出された植物とあった。これらはユキノシタ科だ
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック