学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS クリナムなど

<<   作成日時 : 2018/07/31 20:07   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

中庭でハマユウの交配種「猿女君」(Crinum japonicum hybrid 'Sarume-no-Kimi')が咲いている。Kさんの交配種だが、珍しいハマユウの交配種ということで大事にしている。ピンクも奇麗だし輪も大きくて観賞価値が高いのだが、導入当初からウイルスに罹患していたのが玉に瑕。おかげで横に植えてあった紫花のハマユウが罹患して枯れてしまったのは痛恨だった。次は同じくクリナムで赤い花が有名なエレン・ボサンケ(Crinum hybrid 'Ellen Bosanquet')。丈夫で良く殖えるがハマオモトヨトウにやられやすいのが欠点。今年はまだ大丈夫だが。そろそろ第2陣が発生するころだ。次は白花のユリで多分フィリピネンセ(Lilium philippinense)だったと思う。タカサゴユリより一足早く咲くし、白も奇麗なので間違いなかろう。園内ではヘディキウム・コクシネウムーカルネウム系(Hedychium coccineum-carneum)の自然実生も花期を迎えて、あちこちで咲いている。今はコクシネウムで統一されているようだが、園内のはカルネウムタイプが多い。園内ではまだノリウツギの水無月(Hydrangea paniculataf.grandiflora)も満開で奇麗なものだ。日本原産でユキノシタ科、アジサイの類だ。その近くではサルビアのインディゴスパイア(Salvia 'Indigospire')もいつの間にか満開だ。最近心に余裕がないせいか、園内もゆっくり見ておらず、こういう結果になる。最後はまだまだよく咲いているセイヨウニンジンボク(Vitex agnus-castus)。クマツヅラ科でヨーロッパ原産。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリナムなど 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる