キセログラフィカ交配咲く

今日温室の隅でティランジアの交配種、キセログラフィカ x ブラキカウロス(Tillandsia xerographica x brachycaulos)が咲いていた。1日休んでいただけで咲いて来るから油断は出来ない。本種は一見大型のカピタータだし、ラベルがなければそう同定するだろうが、前記の名前でいただいた植物だ。非常に強健で繁殖旺盛、このような展示施設では有り難い存在だ。同様に花付きの良いカトプシス・ベルテロニアーナ(Catopsis berteroniana)も咲いてきた。いつも見慣れているので、私にとっては珍しくもないが、通路から見ると、本種の花序は大きくて目立つので、良く目をひくはずだ。ラウーさんから来た種の実生で、もう20年も開花更新を繰り返している植物だ。我が家では昨日、象牙丸(Coryphantha elephantidens)が満開でとても奇麗だった。最初が赤の最も濃いオリジナル株で、かつて平尾さんにいただいたもの。以後はその実生苗でやや色が薄くなっているが、十分美しい。派手な花好みの私にとって、象牙丸は最も好ましい花の1つだ。メキシコの温暖地原産。最後はゴキブリにかじられた象牙丸の花。こうなるとゴキブリも許せないので、ゴキブリホイホイを3つセットしたが、どうなるだろう。我が家の温室はアリ以外害虫がいないので消毒をしないため、ゴキブリが我が物顔に増えてしまったのだ。おかげて最近は家の方にまで入って来て困ったものだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック