ジョセフィーナエ再び

日に日に咲き進む我が家のジョセフィーナエ(Brunsvigia josephinae)、折角の開花だから何とか会報の表紙に使いたいのだが、ベランダの下で、しかも鉢から根が出ていて動かせないし、他の鉢が写り込んで、全然絵にならない。南アフリカ原産、ヒガンバナ科の大型球根植物で、これは実生21年生。そんなこんなで毎日眺めているのだが、今朝はやけに球状の花序が大きく感じたのでメジャーで計ったら直径60cm。大きいわけだ。1輪の花の花梗と花を足すと30cm ある。花の直径が4~5cmで咲いているのは10輪位だから、極めて散漫な咲き方だが、確かに大きいは大きい。画像で幾らか雰囲気が伝わるだろうか。後はオシロイバナ(Mirabilis jalapa)の花だ。陽気が暑いので本種だけは旺盛で、あちこちからこぼれ種で咲いている。紅白はフタエオシロイバナ(M.jalapa var.dichlamydomorpha)で小輪だが、黄色と赤は1株で咲き分け、とても大輪で美しい。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

あきちゃん
2018年08月31日 18:17
 21年目の開花とは、いつもの事ながら、ただただ尊敬の一語です。少し涼しくなり秋の花が咲きだしました。生死にかかわる猛暑がやっと収まりつつあります。しかし、まだまだ暑い日々が続きますので無理をされないように、くれぐれもご自愛ください。中旬には球根の植え付けを始めます。とても楽しい嬉しい仕事です。
2018年08月31日 19:14
あきちゃん、久しぶり。本種は1本でも種が穫れそうな雰囲気ですよ。播いてみますか。

この記事へのトラックバック