アメリカデイゴ、キョウチクトウなど

ようやく9月になって猛暑も一段落だが、再びアメリカデイゴ(Erythrina crista-galli)が見頃を迎えた。今年も台風が何度も来たが、幸い殆ど風害はなくアメリカデイゴもご覧の通り。当分は花が散って大変だが、それはスタッフの悩みであって、お客様には関係ない。せいぜいエキゾチックな風景を楽しんでもらおう。ブラジル原産でマメ科の花木だ。屋上への出口横ではピンク八重のキョウチクトウ(Nerium oleander)が満開だ。ここは客の邪魔にならない場所なので自由に伸ばせ、花付きも良い。こう見ると奇麗な花だ。キョウチクトウ科でヨーロッパ原産。香料温室でもインドシクンシ(Quisqualis indica)の八重が再び満開を迎えた。悩ましい香りが温室に満ちあふれ、いかにも香料温室だ。シクンシ科でインド原産、虫下しに使う薬草だ。パパイヤ温室の生垣、一部にカリッサ(Carissa macrocarpa)が植えてあるが今日珍しく1輪咲いていた。本種は果樹で食べられるとは聞いているが、学生の時から赤い実を見知ってはいても食べた覚えはないような気がする。赤くて風船のように中空の果実は、乳液も出るし、スカスカでとても美味しそうには見えないせいもある。あくまでも観賞用というのが私の認識だ。南アフリカ原産でキョウチクトウ科。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック