秋本番

2日程好天が続いたので、昨晩は我が家の温室にたっぷり潅水した。これで生育も秋モードに突入だ。潅水中ゴキブリが2つも3つも飛び出して来たのには苦笑いで、相変わらず花を囓られている。最初は兜(Astrophytum asterias)だが、これは花園兜としていただいた種の実生苗。雑種だから形の悪い苗が沢山出来たが、これは整っていてちゃんと花園になっている。でも今回1輪ではお話にならない。次は赤刺の美しい神仙玉(Ferocactus coloratus)。刺物名人、故柿沢氏の種起源だが、キリンウチワ接ぎ降ろしで直径20cm、高さ30cmにもなって見事なものだ。花も大きく咲いて奇麗だ。次は龍眼(F.viridescens)、これも刺物名人故小林氏の種起源で、直径20cm近い。刺物も年々大きく成って、この先どうなるのだろう。次の白花は鶴巣丸、今日ではみんなリンコンネンシス(Thelocactus rinconensis)に統一されてしまったが、園芸的には本種の刺は太くて長く、格別だ。以上はメキシコのサボテン。次の黄色はチリ原産、コピアポアのエスメラルダナ(Copiapoa esmeraldana)。茶色肌の小型種で地味な植物だが、1年中花が咲き続けてくれるのが嬉しい。最後は南アフリカ原産、キョウチクトウ科のフエルニア・セブリナ変種のマグニフローラ(Huernia zebrina var.magniflora)。高温になる我が家の温室では生育旺盛でいくらでも殖えるが、ワニ園の売店用に苗を渡しても、園の栽培温室ではちっとも物にならない。温度不足が原因だろうが微妙なものだ。我が家ではこれから当分賑やかに咲いてくれるはずだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

シルバーブルー
2018年09月19日 11:56
秋に突入した途端、より華やかな様子が伺えます。
相変わらずゴキとの格闘ご苦労様です(笑) 気候も花付きもよいせいかゴキブリ君の活性が高いような。
お聞きしたいのですが、見事な花々のサボテン、多肉植物には欠かさず肥料をおやりでしょうか?
C
2018年09月20日 06:10
少し前からこちらのブログを拝見させてもらっています。
来週、初めてワニ園遊びに行く事になりました。
元々爬虫類が好きで長年飼育していたのですが、ここ数年で植物の魅力にハマってしまい、最近は特にソテツがお気に入りで集めたりしています。
ワニ園にはソテツが沢山あると聞いたので、ワニともども熱帯植物も楽しみにしています!
2018年09月20日 12:30
シルバーブルーさん、コメント有り難うございます。サボテンは環境さえ整っていれば栽培は容易です。要するに温室があれば、あとは最低限の管理で大丈夫です。1~2年に1回植え換えれば、追い肥、液肥なども基本的には不要です。
Cさん、ソテツは沢山ありますよ。どの株も育ち過ぎて持て余しているくらいです。30年、40年かけて育てる,育て甲斐のある植物ですね。

この記事へのトラックバック