学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS イスメネ・アマンカエス咲く

<<   作成日時 : 2018/10/01 17:18   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

今年もようやくイスメネ・アマンカエス(Ismene amancaes)が咲いた。ヒメノカリスに近縁だからどうしても春植え球根として扱ってしまうが実際には9月になって発芽し、10月を前にして咲くのだから秋植え球根と考えた方がベターだ。昨年は功を焦って、早くに植え替えて潅水開始したら、中々発芽せず、球根を1つ駄目にしてしまった。出るまで待とうで、乾かした状態で発芽を待ち、やおら潅水を始めるというのが本種管理のポイントだ。その点ではパラモンガイアににている。また実際、花もパラモンガイア(Paramongaia)そっくりだから私は大好きなのだ。だから昨年、球根を腐らせたのはえらくショックだった。ペルー原産でヒガンバナ科だ。次は小さな漬け物桶で育てているオニバス(Euryale ferox)の果実。種をプレゼント用に収穫したくて気にしている。これではあっても2〜3粒だろう。スイレン科で日本原産。次からはサボテンで、黄色いのはキリンウチワ(Pereskiopsis porteri)の果実、と言っても未受精のシイナだが、熟するとこういう風に黄色くなるのだ。原産地はメキシコ。以下は刺物で、最初は神仙玉(Ferocactus coloratus)、花が奇麗に展開していたので再録。いい色だ。次は赤刺の鯱頭(F.acanthodes)、紅鯱というやつで実に奇麗な標本株になった。故小林さんの種子で、キリンウチワ接ぎ降ろしでここまで大きくなっている。次は色の良い鯱頭。故柿崎さんの実生で正木株。今春植え替えたらやけに元気で随分大きくなった。次は白刺金鯱(Echinocactus grusonii)。サックシードで買った種のキリン接ぎ降ろしで、今春植え替えたら奇麗になった。次は両角さんの強刺金鯱の実生株。素晴らしい刺で、これもキリン降ろし。最後の金鯱は私の実生正木株で、娘の誕生記念だから31年かな。これも良い刺だ。最後はエビのルービスピヌスの白花(Echinocereus rubispinus 'C.W.Weisel')。果たして本当に白く咲くかは、咲いてみないと分からないが、刺色は綺麗だ。以上全てメキシコ原産。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イスメネ・アマンカエス咲く 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる