陽気も落ち着く

ようやく陽気も落ち着き、ベランダの熱帯スイレンも葉が大きくなって、大きな花を咲かせてくれるようになった。1枚目は白花大輪のテッド・ウバー(Nymphaea hybrid 'Ted Uber')、花が四角っぽく咲くのが特徴。ただし私が園に就職した頃あったテッド・ウバーとは全然別物。昔の株はとても大きな白花で、私が育てたその実生苗が今でも維持されているが、それは青花である。2枚目はピンクのカペンシス(N.capensis 'Pink')。熱帯スイレンの一番の基本種は南アフリカ原産のカペンシスだから、そのピンクも、いかにも典型的な熱帯スイレンらしい花を付ける。3番目はムカゴ性の原種ミクランサの血を引く紫式部(N.micrantha hybrid 'Murasaki Shikibu')。これもいつになく大きな花を咲かせている。スイレン科で基本種はアフリカ原産。次は早くも咲き出した秋植えのオキザリス達。最初は黄花のマンジャナ(Oxalis 'Manjana')、次のピンクはヘテロフィラ(O.heterophylla)。これから旺盛に伸び始めるだろう。南アフリカ原産でカタバミ科の小球根。その横では自生のホトトギス(Tricyrtis hirta)が咲いている、昔妻が山から1~2輪咲いた株を持ち帰ったのが始まりで、確実に種が出来るので、庭中に苗が見られる様になってしまった。ユリ科である。次はコルチカム・フィリフォリウム(Colchicum filifolium)、これが一番遅咲きで、これからが花期だ。イヌサフラン科でヨーロッパ原産。次のピンク花は我が家の放任栽培でも生きのこっているコノフィッツムの碧玉 (Conophytum minutum)。姿も花も私の好みで、愛らしくて良い。勿論南アフリカ原産で、ハマミズナ科。最後は分園入り口のモラエア・ポリスタキア(Moraea polystachya)。いよいよ本格的に咲き始めたようだ。南アフリカ原産でアヤメ科の小球根。普通は春咲きだが、本種だけは秋咲きでユニークなので、実生で球根を殖やしたのだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック