好天でサボテンの花多し

土曜日は好天でサボテンの花も多かった。最初はマツカナ・マジソニオルム(Matucana madisoniorum)の基本種と白花種。南米物の中でも花着きが良く、奇麗な花型だし、私の好みだ。次はマミラリアの白玉兎(Mammillaria geminispina)。生育の遅いマミだがようやく5号鉢一杯まで大きくなった。かつてメキシコでは直径1mもある大株を採集したこともある。次は赤花兜(Astrophytum asterias)。ひさし振りに奇麗に咲いている所を見られた。いつ見ても奇麗な花だ。次はコピアポアのエスメラルダナ(Copiapoa esmeraldana)。コピアポアの中では育て易い、花着きの良い種で、周年咲いている。秋になって潅水したら株が一気に大きく成ってビックリ。次は文殊丸(Ferocactus victoriensis)の子供。4号鉢で咲く刺物だから、扱い易くて良い。その次は大株の銀冠玉(Lophophora fricii)と小苗の鳥羽玉(L.williamsii)。後者はキリンウチワから降ろしたばかりで実生2年かな。最後は花の美しい象牙丸(Coryphantha elephantidens)。以上、マツカナはペルー、コピアポアはチリ、他はメキシコだ。今日は来客があるので、これで失礼。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック