オーリクム咲く!

秋咲きのアマリリス、ヒッペアストラム・オーリクム(Hippeastrum aulicum)の一番花が咲いた。例年より1ヶ月も早い気がするが、どの鉢にも花が上がっており、今年は早くに満開になりそうだ。ヒガンバナ科でブラジル原産。あっと言う間に10月で、雑用に追われ球根ベゴニアの催芽も遅れてしまったので、これからやるつもりだ。例年は10月1日なので2日遅れ。それも休みでないと時間がないというせわしなさ。その育苗期間中の空白を埋めてくれるのがこのアマリリスなので、余り早く咲かれてもこまるのだが、植物の都合だから仕方ない。忙しさの原因は台風にあり、またすぐ次が来られたらたまったもんじゃない。我が家のイスメネ・アマンカエス(Ismene amancaes)もリビングで満開。良い香りだし奇麗だし、私の好みだ。ペルー原産でこれもヒガンバナ科。長らく咲いている秋咲きの中国秋蘭(Cymbidium ensifolium)も2本目の花が満開。飾ったリビングに香りがあると嬉しい。勿論中国原産でラン科。次は中庭の銀葉樹(Leucadendron argenteum)、幸い台風では倒れず、太枝1本の被害で済んだが、画像はその折れ口。おかげで木のバランスは良くなり、当分は大丈夫そうだ。南アフリカ原産でヤマモガシ科。最後は台風で温室に避難していたプセウドリプサリスのラムローサ(Pseudorhipsalis ramulosa)。こう並べてあると奇麗な物だ。サボテン科で中南米に広く分布。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック