学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 春のツバキがもう咲いているよ

<<   作成日時 : 2018/12/01 10:09   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝、気がついたら一重筒咲きのツバキ百合絞り(Camellia japonica 'Yuri Shibori)が咲いていた。しかも奇麗に水を吸った状態の良い花だ。いつも咲くのは年明け頃だと思ったが、この暖か陽気で花期がうんと早まったようだ。同じく白一重の細雪(C.japonica 'Sasameyuki')も咲いていた。一重品種は温度に反応しやすいので、こうして暖かいと一気に蕾が膨らんで来るのだ。見れば枝の影あちこちで咲いていて、今まで私が気付かなかっただけらしい。どちらも私好みで繊細で上品な花だ。そんな写真を撮りながら庭を歩いていたら、見覚えのある丸い果実が落ちていた。南アフリカ原産、アカネ科の花木でクチナシに近縁のロスマニア・カペンシス(Rothmannia capensis)の果実だ。先だって大規模に剪定した時には、果実など1つも見あたらなかったのだが、隠れて稔っていたらしい。以前、木がまだ小さくて伸び盛りの頃は、見える位置に実が上向きに成っていたので簡単に気付いたが、枝がはるか上に行ってからはそうはいかない。実が採れても食べられるわけでも無いし、種を播くわけでもないが、それでも成っていれば嬉しいものだ。ベランダでは冬咲きのグラジオラスが満開になった。朱色花のプリオリー(Gladiolus priorii)とショッキングピンクのマクラータス亜種メリディオナリス(G.maculatus ssp.meridionalis)だ。前者は平年並みの開花期だと思うが、後者は例年クリスマス頃が見頃なので、随分花期が早まったようだ。南アフリカ原産でアヤメ科の球根植物だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春のツバキがもう咲いているよ 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる