ここにも春が!

今日も終日温室洗い。しかも昼前にガラスを割ってしまい、その修理に追われて写真どころではなかったので、先日の休みに撮ったサボテンを紹介する。最初の二枚はこの春後輩にプレゼントされたマミラリア・カルメナエ(Mammillaria carmenae)2タイプ。本種の刺は黄色が基本だが、こんな色もあるのだ。しかももう咲き始めた。わが家の株は4号鉢から溢れる程大きくなっているが、本種はこの程度の大きさで楽しむのがベスト。実に可愛らしい、とは言っても赤刺の方は何となく毛虫を連想させる刺で、色1つで随分と印象が変わるものだ。次も上種と一緒にプレゼントされた、ごく小型マミのドゥメトルム(M.dumetorum)。名月という和名があり、本で見るともっと1頭が大きいが、これはとても小さく1頭2cm位か。次は大福丸(M.perbella)として来た個体だが、何となく鶴の子=ハーゲアナ(M.haageana)にも似ている。以上はメキシコ産のサボテン。最後はユーベルマニア・ペクチニフェラ(Uebelmannia pectinifera)。これも12月早々に咲くなど考えられないが、暖か陽気のせいだろう。これはブラジル、ディアマンティナの産。キリンウチワの接ぎ降ろしで直径15cm、丈は20cm以上に育って元気一杯だ。最後は昨日紹介忘れしたワニ園のドリアンテス・パルメリー(Doryanthes palmeri)ここに来て花序の先が赤くなってきたので、間もなく蕾が出て来るのではないかと期待している。わが家ではいつも5月の連休明けに咲くので、これもそうかと思っていたが、案外早く咲くかも知れない。オーストラリア原産でドリアンテス科の大型の多肉植物だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック