学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ソテツが枯れたよ!

<<   作成日時 : 2019/01/11 19:28   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

正月が明けて、ようやく暮れにやっておくべき、1号温室ソテツコーナーの除草と手入れを行った。そして前から気付いていたソテツの枯死個体2株を片付けた。エンセファラートスのラエビフォリウス(Encephalartos laevifolius)とラナータス(E.lanatus)で共に貴重品だが、植栽後40余年を経て過密になり、大型種の葉が上から被さって日照不足になり枯れてしまったものだ。既に数年前、最も貴重と思われる小型種のカフェール(E.caffer)を枯らしてしまい、落ち込んでいたのだが、ここの来て枯れそうもない3頭株のラエビフォリウスが駄目になったのはショックだった。2株しかない株の1つだからだ。ラナータスは個体数が多く、まあ絶やす心配はないが、丈夫な植物だっただけに、これも頭が駄目に成っているのを知った時はショックだった。実はこの2年ほど、子吹きして過密になったホリダス(E.horridus)やイノピヌス(E.inopinus)の子株を外し鉢上げしてベッドをすかす努力をしていただけに、手遅れを悔いている。以上全て南アフリカ原産でザミア科だ。画像はわが家でリビングに飾ったアンドロシンビウム・カペンセ(Androcymbium capense)の寄せ植えだ。本種はベランダから部屋に持ち込んで1日たつと白い花序部分が一気に大きくなって凄く見事になる。ヌサフラン科で南アフリカ原産。次は道沿いで咲いていたスイセンのタゼッタの1品種(Narcissus tazetta cv.)だ。調べても品種名が出て来ないが、弁先の尖ったタゼッタで特徴がある。ヨーロッパ原産でヒガンバナ科。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソテツが枯れたよ! 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる