学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 原種ランなど

<<   作成日時 : 2019/01/24 19:15   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、カエンカズラの取材があると言うので,本園8号原種ラン温室で、写真を撮りながら待機していた。その時の画像だ。先ず花序の赤いデンドロチルム・ウエンゼリー(Dendrochilum wenzelii)、奥の棚にあってもよく目を引く存在だ。フィリピン原産。次は大きな舌のような葉が特徴のブルボフィルム・フレチェリアナム(Bulbophyllum fletcherianum)。そろそろ見頃というところ。ニューギニア原産。次はコチョウランの原種の1つ,香りのあるファレノプシス・シレリアナ(Phalaenopsia schilleriana)でフィリピン原産だ。次はインドから来たパフィオペディルム・ベヌスタム(Paphiopedilum venustum)。赤紫の房花はタイから来たリンコスティリス・ギガンテア(Rhynchostylis gigantea)でこんな見事な開花風景は初めてだ。最後はオオオニバス(Victoria amazonica)の花。もう2日目だろうか、花弁が赤くなってしまっているし、寒い時期だから株も小さく特徴も出ていない。勿論アマゾン原産でスイレン科。近くにはミズオジギソウに似たマメ科のエスキノメネ・フルイタンス(Aeschynomene fluitans)と、アカバナ科で姿がヒシにそっくりのミズヒメビシ(Ludwigia sedoides)。前者は南アフリカ、後者はブラジル原産。これらが元気ということは、水温が十分にあるということで、おかげで室温も確保され羨ましい温室だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原種ランなど 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる